靴・革製品クリームのコロンブスさんへ工場見学に行ってきました。

August 7, 2019

 

靴や革製品のメンテナンスに欠かせないクリームの国産メーカーと言えば、コロンブスさん。

 

このコロンブスさんに見学できる機会を得まして、行ってまいりました。コロンブスさんの工場は、千葉県松戸市の北松戸駅から、徒歩15分くらいの所にあります。

 

 

工場の外観は、まるで倉庫のような大型な建物で、日本全国に出荷される靴クリームは、この工場で全て生産されているとのこと。

 

 

見学者用の会議室にお通ししていただき、置いてあったのは、いきなりこんな感じのモノがずら~っと。

 

 

そう、これが、クリームに使うワックスなんだとか。

 

  

クリームに配合するワックスだけでも、これだけあるとか、23種類くらい。

右側が、自然由来のワックスで、左側が化学性のワックス。

 

 

これらのワックスを配合して、組み合わせて、最適な靴クリームやレザーケア商品が作られるとのこと。

 

 

ホホバオイルとか、アルガンオイルとか、どこかで聞いたことのあるものですよね。

 

 

 蜂蜜のミツロウや、ミンクという動物の油のミンクオイルなどなど。本当に様々なワックスやオイルがあります。

 

 

こんな感じで触らせてもらう事も出来ます。

ワックスというから、凄い脂っぽいのかと思ったら、意外とさらっとしてます。

 

米油から出来るライスワックスなども。

 

 

こんな感じでワックス世界地図などもあり、世界中から、様々なワックスや油を入手されているようです。

 

 

という訳で、レザーケアクリームの製造原料についての説明をいただいた後、工場内の施設をご案内いただきました。

 

 

工場内は、写真はお控えください。という事でしたので、コロンブスさんのホームページからお借りした画像で説明していきます。

 

 

こちらの釜で、先ほど説明したワックスをブランドして、特大の巨釜を温めながら、良く混ぜる工程になります。

 

 

ブレンドが完了したら、今度は、瓶に詰める充填をするわけですが、ここで品質に問題ないか、充填前検査を行います。色や粘度の確認を行います。

 

 

充填検査を終えて、いざ、瓶づめを行う。

驚きなのが、この充填作業は、人間の手で入れているという事。

 

機械での充填も出来るのですが、より精度が求められる商品のため、瓶の表面張力なども活用して、瓶の容量ギリギリまで綺麗に充填するには、手作業で入れるのが一番とのこと。

 

 

クリームの充填が終われば、今度は箱詰め作業となります。ここまでくれば一安心ですね。

 

という事で、こんな手順で実際の工場内をご案内いただいた後は、最後は、工場の屋上にやってきました。

 

屋上は、撮影OKという事なので、こんな様子でしたw 工場内で働いている従業員たちの休憩場所になっているそうです。

 

その日は天気が生憎の曇りでしたが、遠くにスカイツリーが見えました。

 

 

以上の流れで、再び最初の部屋に戻ってきましたら・・・

なんと、テーブルがこんな感じになっておりました。

 

 

工場見学の後は、コロンブスさん実演の靴クリームの使い方、靴磨き講座がこれから始まります。

 

 

こちらは、追ってまたご紹介してまいります。本日はこの辺で!

 

 

以上、靴・革製品クリームのコロンブスさんへ工場見学に行ってきました。というお話でした。

 

 

■ 追伸

 

モノライフ公式のLINE@をはじめました!

 

新製品のお試しモニター&プレゼント企画や、新商品などのご案内など

お得な情報をお届けしてまいります。

 

良かったら、LINE@のお友達登録をお願いいたします。

LINEのお友達登録のQRコード読み込みなら、下記よりご登録ができます。

 

 

また、QRコード読み込みではない場合は、こちらのLINE@登録のリンクをクリックしてください。

 

なお、LINE IDでご登録の場合は、 @fvl1724l となります。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

本革イタリアンレザーの通帳ケース(スキミング防止加工済み)を販売致しました。

May 23, 2020

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ