本革レザーのブックカバーを作成するの巻き レザークラフト

July 28, 2018

本日は、レザークラフトの基本技術を学ぶために、浅草橋の某工房にやってきました。

 


作りたい革製品の紙型作成から、革の仕入、革の裁断、革の加工、作成と一気にやっていきます!ということで、本日は午前中から、夜までやっていきます。

 


特に紙型の作成方法を学ぶ事は、あまりない機会なのでありがたいです。

 


午前中は、慣れない紙型作成を必死にやっていたら、写真を撮影し忘れていました(汗)

 


お昼休みに合わせて浅草橋の問屋街の小売店で仕入した革で、革製品を作っていきます。


こちらが仕入してきた牛革です。

これで一体、何を作るのでしょうかね?

 


今回、作成しようと思ったのはビジネス書サイズのブックカバーです。

 


自分で本を読む時に、大体表紙を裏返しして電車内で読む事が多いのですが、これもまた微妙だなぁと、前から思っていたのです。

 


で読書が好きになるような革のブックカバーが欲しいと思っていたので、自分で作成する事にしました。

 


作成した紙型で裁断した革を、貼り合わせる為に、貼り合わせる部分を薄くしないと革が分厚くなってしまう為、専用の革漉き(すき)機を使って、革を薄くします。

 

 


革漉き機の使い方を教わりながら、革を漉くとこんな感じになりました。ちょうど、ブックカバーの内側の本の見返しを入れる部分になります。

 

 

貼り合わせる部分が、薄くなっているのわかりますか?ここに後ほど、木工ボンドを塗って、貼り合わせます。

 

 

貼り合わせしたら、今度は、しっかり糊が着くように圧着する道具で押し込んでいきます。

 


その後、木工ボンドで接着した所をさらに強くする為に、糸で縫っていくのですが、これだけ革が厚いといきなり針を刺しても縫えないのです。

 


その為、菱目打ちという道具を使って革に、針で縫う場所に穴を開けていくのですが、この穴も曲がらないように、菱目の穴を開ける場所を目印をつけます。

それが今やっている作業です。

 

 


その後、ようやく菱目打ちで、革に穴を開けていきます。
ハンマーを使って、殴って穴を開けています。

 

この打ち込んでいる、熊手みたいなのが、菱目打ちです。

 

 


良い感じに穴が開いたので、今度は早速、革を縫いこんでいきます。

 

 

穴が開いたので、早速、革を縫いこんでいきます。糸を通すのも特殊な留め方があり、なれずに難しい・・・汗

 

 

今回、ビジネス書向けのブックカバーという事で、サイズが結構大きくて手縫いするのにも時間がかかります。

 

 

縫いこむ糸の補強のために、奥に見える黄色い固形物=蜜蝋を糸に馴染ませながら、縫いこんでいきます。

 

しかし、慣れないためか、針から糸が外れて、何度も針に通す羽目に・・・汗

 

 

という訳で、せっせと針を縫いこんでいきましたが、結局、工房で出来る作業時間内には終わらずに、その後、自宅で残りを仕上げて、ようやく完了しました!

 


自分で手縫いで作成したブックカバーというのもありますが、何とも言えない愛着がにじみ出てくる革製品になりました。

 


読書の度に、本革の質感を楽しめて、本を読む回数が増えるようなブックカバーなりました。

 

以上、本日は、本革レザーのブックカバーを作成するの巻き レザークラフトというお話でした。
 

 

■ 追伸

 

モノライフ公式のLINE@をはじめました!

 

新製品のお試しモニター&プレゼント企画や、新商品などのご案内など

お得な情報をお届けしてまいります。

 

良かったら、LINE@のお友達登録をお願いいたします。

LINEのお友達登録のQRコード読み込みなら、下記よりご登録ができます。

 

 

また、QRコード読み込みではない場合は、こちらのLINE@登録のリンクをクリックしてください。

 

なお、LINE IDでご登録の場合は、 @fvl1724l となります。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

本革イタリアンレザーの通帳ケース(スキミング防止加工済み)を販売致しました。

May 23, 2020

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ