革の匂いあれこれ。革製品にある「におい」とは?

May 15, 2018

 

最近、色んな革製品に触れているのですが、この革という素材は、人間の5感を刺激する事に今更ですが、気がついたのです!

 

 

視覚:革の質感や色、厚み

触覚:革の手触り、質感

嗅覚:革の匂い

味覚:革になる前の獣のお肉

聴覚:革を握った時の音、革になる前の獣の鳴き声

 

 

と言う事で、革を5感で楽しむ流れで、いささか強引にはめ込んでみましたが、実際にこういう視点で、革を知ると本当に奥が深いなぁと気づきます。

 

 

それで、最近は革も色んな動物の革に触れる事で、全然違うと気がついた所が、革の「匂い」なんです。

 

 

これは、先日の浅草橋の問屋街で購入してきたレザーなのですが、こちらは牛革で、いわゆる、良くある革製品の匂いで、なんと言うか香ばしい良い匂いなんですが・・・

 

 

こちらは、鹿革なのですが、これまた牛とは違う匂いなんですよね。鹿革の手触りも、そうですが、牛革より、匂いも優しい感じのにおいです。

 

 

先日、問屋街めぐりで、見かけた豚のヌメ革もまた違う匂いがあるのです。この豚革は、なんか土っぽい匂いなんですよね。仕上げの工程のせいなのか、土っぽいにおいでした笑

 

 

他にも、エイ革や鮫革、ワニ革などもあったのですが、素材のインパクトに匂いを嗅ぐ事を忘れておりました(汗)

 

 

革の種類や動物、また仕上げの方法によって、匂いが全然違うので、革製品が好きな方は、この匂いの部分に意識をおいてみると、さらに楽しめると思います。

 

 

自分も最近、色んな革に触れて、自分が好きな革の匂いや種類が徐々にわかってきました笑

 

 

と言う事で本日は、革の匂いのあれこれというお話でした。

 

 

■ 追伸

 

モノライフ公式のLINE@をはじめました!

 

新製品のお試しモニター&プレゼント企画や、新商品などのご案内など

お得な情報をお届けしてまいります。

 

 

良かったら、LINE@のお友達登録をお願いいたします。

 

LINEのお友達登録のQRコード読み込みなら、下記よりご登録ができます。

 

 

 

また、QRコード読み込みではない場合は、こちらのLINE@登録のリンクをクリックしてください。

 

なお、LINE IDでご登録の場合は、 @fvl1724l となります。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

本革イタリアンレザーの通帳ケース(スキミング防止加工済み)を販売致しました。

May 23, 2020

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ