レザークラフト コインケースを作成するの巻き

June 19, 2018

本日はモノマチという台東区のクラフトワークイベントで体験したレザークラフトの三角コインケースをご紹介します。

 

 

作成したコインケースはこんな感じです。この作成の一連の流れをご紹介していきます。

 

 

 

 

今回は、こちらのレザーをチョイス。ワニ革っぽい模様ですが、牛革です。型押し加工されたものですね。

 

 

 

今回、こちらのレザーと、裏側は黒のスエード生地を貼り合わせます。

 

 

 

上手く貼れたら、形を整えます。通常は、もっと大きな巻物の革から、その作成する形にカッターで切り出しするか、そのまま金型の型でくり抜くという流れが一般的なのですが、こちらは作業を簡単にするためか、最初からある程度、作成する革小物の型になっています。

 

 

この大型なプレスマシンで、レザーを金型にあわせて上から押すと、綺麗な型にくり抜かれます。

 

 

その後、先ほど裏面に貼り付けたスエード生地を縫い付けるために、ミシン縫いを施します。

 

 

 

ここはプロの職人さんにミシンをお任せの工程・・・自分でやらないのかい!と、軽く心でツッコミを入れました(汗)

 

 

そうこうして、ようやくレザークラフトらしい工程に。

 

 

レザーに穴を開けて、ボタンを取り付けます。

 

 

こういう工具を使って、上から金槌で殴ります。殴ります。すると、こんな感じに綺麗に打つ事が出来ました。

 

 

こちらは裏側です。

 

 

こちらが表面です。

 

 

これを三角に織り込んで、ボタンに止めます。

 

 

すると、どうでしょうか?あっという間に三角型のコインケースの出来上がりです。

 

 

なかなか良い感じに出来上がりました。

 

 

我ながら良い出来です!三角コインケースは、比較的に作りやすいので、今後、色んな革で作成してみたいと思います。

 

 

以上、本日はレザークラフト 三角コインケースを作成するの巻きでした。

 

 

■ 追伸

 

モノライフ公式のLINE@をはじめました!

 

新製品のお試しモニター&プレゼント企画や、新商品などのご案内など

お得な情報をお届けしてまいります。

 

良かったら、LINE@のお友達登録をお願いいたします。

LINEのお友達登録のQRコード読み込みなら、下記よりご登録ができます。

 

 

 

また、QRコード読み込みではない場合は、こちらのLINE@登録のリンクをクリックしてください。

 

なお、LINE IDでご登録の場合は、 @fvl1724l となります。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

本革イタリアンレザーの通帳ケース(スキミング防止加工済み)を販売致しました。

May 23, 2020

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ