イノシシの原皮をなめし革にお願いするの巻き マタギプロジェクト

June 2, 2018

 

先月、狩猟ビジネス学校にて、イノシシの解体実習があったのですが、その際に削いだイノシシ皮を引き取って来ましたので、それを早速、なめし革にします。

 

 

しかし、イノシシ革を自分で仕上げる訳にも行きません。ここは革を仕上げるタンナーというプロにお任せする事になります。

 

 

しかし、狩猟現場などで、削がれた皮をそのままタンナーさんになめし革にするには、色々と無駄な肉や脂肪が付いているため、それを除去する必要があります。

 

 

それが、なめし革屋さんに依頼するまでの下処理となります。

 

 

先月、こんな状態だった子イノシシさんですが・・・

 

 

この日は、5頭分の子猪の皮を預かりました。

 

 

しかし、この時良く分かってなかったのですが、クーラーボックスとか持ってきていなかった事にあとあと大反省となりました。

 

 

というのも、この日は5月でも良く晴れた晴天の中、削いだイノシシ皮を、2重にしたビニール袋に車で積んで持ち帰ったものの、時期的に、かなり暖かな車の中に、保管されていた状態出会った訳です。

 

 

自宅に戻っても、そんなものを、外に置くわけにもいかず。置いておいたら、夜中に猫とか、ネズミとか、何かに荒らされる可能性もあったので、車の中にそのまま放置しておりました所・・・

 

 

いざ、翌日に車を開けたところ、既に異臭が???これはやっぱり、あれか、あれなのか・・・恐らく、生ものなので、良くない状況になりつつあったようです。

 

 

と言う事で、急ぎ匂いはもとより、マダニや汚れを落とすために、皮を水洗いしまして、こんな様子です。

 

 

皮のサイズは、5頭分と言っても、子猪なんで可愛いものです。

 

 

しかし、この匂いは、水洗いしても、あまり取れず、このまま風呂場に持ち込んで、無駄な肉や脂肪を削ぎとり、綺麗に下処理して、荒塩で揉みこんで、スノコに乗せて、水分を取ること1日・・・

 

 

正直、相当匂います。お風呂場が大変なことになりました。。。滝汗

 

 

全部処理したのち、浴槽の水を抜いて、スノコの上に塩もみした皮を1日おいて、水抜きする必要があるのですが、如何せん、とにかく匂う。

 

 

除臭スプレーをまいても、一瞬だけで、全く効き目がない。これはまずいぞ!と思って、対応策でコレを投入しました。

 

 

■ ドでか無香空間 消臭剤 本体 無香料 1800g

 

 

これを、塩もみした皮を一緒に、入れておいて、しっかり浴槽の蓋をしめて、密閉してみました。

 

 

すると、なんと言う事でしょう~?匂いが大幅に激減されました。おそるべし、無香空間。素晴らしい仕事ですwww

 

 

という訳で、1日おいて皮の水分を抜いてみたら、結構、良い感じになりました。

 

 

塩漬け後、こういう感じなりました。

 

 

これが皮の内側です。塩をもみこんで、要らない部分をほとんど削いだので、かなり綺麗に見えますが、最初はなかなか、絵的に微妙な血なまぐさい感じも多数ありました汗

 

 

よ~く見ると、細かい脂肪とか、肉がまだ微妙に付いている気がしますが、とりあえずこれで、なめし革屋さんにお願いしてみます。

 

 

5枚の革を下処理するのにその作業だけで、2時間くらいは、かかりました。機材をかったり準備をする時間もいれるとトータル3時間くらいかな。

 

 

ちなみに、これが1頭分の皮です。子猪だから、本当に小さい・・・これが本当にイノシシ革になるのか、甚だ疑問なんですが、とりあえず依頼してみます。

 

 

 

 

ちなみに、今回、マタギプロジェクトさんに、なめし革を依頼してみましたが、時期的に、革になるまで2ヶ月くらいかかる模様です。

 

 

そして、この皮ですが・・・。なめし革にするのに、細かい料金を聞いてみたところ、最初の依頼なので皮1枚は、1万円の試験しあげ料金となるそうです。2枚目以降は、1枚あたり5000円だとか。それ以外に、依頼料1000円、返送送料2000円、送付送料1800円(チルド配送)となるそうです。

 

 

えっと、と言う事は、5枚全部お願いしたら・・・試験で1枚1万円、あと4枚は1枚5000円なので、加工賃だけで3万0000円

 

 

その他、送料と依頼手数料で、全部まるっと3万5000円かかるという訳。。。高すぎて、言葉も出ませんwww

 

 

いや~、まさかの子猪のなめし革で、これほどの金額になるとは!!!驚愕でございます。

 

 

聞けば、子猪でも大人の猪でも、行なう作業は同じになるので、これだけの金額だとか・・・

 

 

1枚50cm四方の子猪の皮でなめし革をお願いしたのが、最大のミスが痛い、痛すぎる~十万石まんじゅう(埼玉銘菓)(涙)

 

 

計算したら、クロコダイルのワニ革よりも高級な世界一高級なイノシシ革になりそうです(爆)

 

 

これだけの費用をかけて、どんなイノシシ革が仕上がってくるか、乞うご期待ください。

 

 

以上、イノシシの原皮をなめし革にお願いするの巻き マタギプロジェクトというお話でした笑

 

 

■ 追伸

 

モノライフ公式のLINE@をはじめました!

 

新製品のお試しモニター&プレゼント企画や、新商品などのご案内など

お得な情報をお届けしてまいります。

 

 

良かったら、LINE@のお友達登録をお願いいたします。

LINEのお友達登録のQRコード読み込みなら、下記よりご登録ができます。

 

 

また、QRコード読み込みではない場合は、こちらのLINE@登録のリンクをクリックしてください。

 

なお、LINE IDでご登録の場合は、 @fvl1724l となります。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

本革イタリアンレザーの通帳ケース(スキミング防止加工済み)を販売致しました。

May 23, 2020

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ