はじめてのレザークラフト講座で名刺入れを作成してみるの巻き

May 6, 2018

 

革製品にもっと触れるために、新製品のサンプル品作成のために、修理にも対応できるようにと、やりたい事はつきないのですが・・・

 

 

レザークラフトで革にもっと触れる事で、出来る事がいっきに広がると思い、はじめてのレザークラフト講座を受講いたしました。

 

 

やっぱり最初は、革製品と言えば、これ!と言うくらいの人気アイテムの名刺入れを作ってみようと言う事で、名刺入れを作成します。

 

 

まずは、型紙に銀色のペンで型どりをします。

 

 

こんな感じに型どりできたら、フリーハンドでクラフトカッターで形どおりに切断していきます。

 

 

こんな感じに綺麗にカット出来ました。一見、Tシャツみたいな形です笑い

 

 

型抜きした残りの革はこんな感じです。昔、お祭りの時に良くあった型抜きを思い出します。結構、カッターの扱いは慣れておりますw

 

 

他のパーツも型にあわせて切り抜きました。

これが全部のパーツです。

 

 

この各パーツに木工用ボンドで、貼り合わせていきます。

 

こちらはメインポケットの部分です。

いざ、トランスフォーム!!!

 

 

トランスフォームして、折りたたんで巧く貼り合わせると、あ~ら、どうでしょう?名刺の面影が!?

 

 

そして、パーツもお忘れなく貼り合わせしていきます。

 

 

本体とパーツを合体させます!

 

 

合体すると、こんな感じに!!!もう完全に名刺入れですね。

 

 

しかし、ここから最も重要かつ、繊細な作業が・・・それは、今はボンドで貼り合わせただけなので、これから縫込みが必要になるのです。

 

という訳で、まず必要な事は手縫いするために、革に穴を開ける必要があります。なんせ、革を手で縫いこむのは大変なので、先に穴を開けるのです。

 

 

フォームのような道具ですが、木槌のハンマーで叩きながら穴をあけていきます。しかし、これがまた簡単のようにみえて、実は難しいです。

 

ちょうど境目にうまく穴があけられるように調整してあける必要があり、また油断すると穴が微妙にずれてしまったりとか・・・・汗

 

で、必要な穴が開いたら、いよいよ縫込み作業です。

 

 

完全に手縫い作業でございますが、気持ちをこめて、縫いこんでいきます!そんなこんなで、出来上がりました~!

 

はじめてのレザークラフト講座で、名刺入れを作成してしまいました。我ながら良い出来ではないでしょうか?

 

 

内側は、こんな感じです。

しかし、じ~っと見ると、微妙に縫込みがずれている部分が笑

 

 

 

 

 

そこははじめてのレザークラフトと言う事で、ご愛嬌ですね。それにしても、レザークラフトをはじめてでしたが、楽しすぎて、革職人になりそうな勢いです笑

 

黙々と作業して、はまってしまいそうで怖いですね。。。また、今度は違う革商品なども挑戦してみたいと思います。

 

以上、本日はこの辺で!

 

 

■ 追伸

 

モノライフ公式のLINE@をはじめました!

 

新製品のお試しモニター&プレゼント企画や、新商品などのご案内など

お得な情報をお届けしてまいります。

 

 

良かったら、LINE@のお友達登録をお願いいたします。

 

LINEのお友達登録のQRコード読み込みなら、下記よりご登録ができます。

 

 

 

また、QRコード読み込みではない場合は、こちらのLINE@登録のリンクをクリックしてください。

 

なお、LINE IDでご登録の場合は、 @fvl1724l となります。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

本革イタリアンレザーの通帳ケース(スキミング防止加工済み)を販売致しました。

May 23, 2020

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ